読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

船上クラブに潜入! 〜パーティ編〜

こんばんは!ピカルです

 

早速、パーティ後編を書いていきたいと思います。

 

 

おかんに送ってもらった紺色のスーツを着て、パーティ30分前にドンキで買った蝶ネクタイを着けていざ参る...!

当日は大阪中之島の川沿いで行われました。

こんな感じ(写真撮るの忘れた、、)

f:id:pikarulik:20170217185123p:plain

パーティが開催されたのは夜19時頃でこの写真よりも幻想的で綺麗でした。ですが、どこかでParty Shipを非現実的なものだと認識する自分に劣等感を覚えましたね。

「あぁ、自分は普段こういう世界とはかけ離れたところにいるんだな、」と。だからこそ、このような機会を与えてくれた伊藤さん(パーティの主催者)に感謝しパーティを楽しもうと決意する私であった。

 

 

いざ船の中に入ると意外と狭くて、12畳くらいでした。(正確ではない)

ただこのParty Shipは考えられていますね。狭ければ狭いほど参加者は密着しなければいけません。なのでのでより深い、密な交流ができます。

やはりパーティの醍醐味ってこれですよね。普段一人で身体的にも心的にも寂しい人達が寄り添うことができます。おまけに基本知らない人なので何も気にせず普段の「私」を表現できる。最高じゃないですか

 

その後、徐々に人が船上に入ってきてパーティがスタート。

さぁパーティ慣れしていない私はこの後どうなるでしょうか...?

勿論こうです。

 

f:id:pikarulik:20170217185607p:plain

 

みなさんにはこれは単純に人見知りで、萎縮している男に見えますよね?

 

違います。

 

虎です。獲物を狙い食らう虎です。

 

よく手当たり次第女性に話しかける人がいますが、それは群をなすミーアキャットと同じ。自分を誇張しているに過ぎません。「俺はすごいんだぞ!女性とこんなに仲良くできるんだぞ!」と。

ただじっとその時を待つ集中力と一瞬で食らいつく俊敏性がある私からしたらもう...。

私はこの作戦を「船上の虎作戦」と名付けました。

 

船上の虎作戦10分後...

 

 結局隣に座っていた女性陣に話しかけてもらい、30分ほどお話しして頂きました。

 

なんてこった...。隣に思わぬ伏兵が潜んでいました。

 

ここでパーティ内で提供されたお料理ですが、中央にオードブルのように置かれたものがあり、どれも美味しかったです。大盛りに盛られたサラダや何層にも重なった美味しいやつとか、レンゲに乗せられたやつとか、おしゃれなパンとか(語彙力無さすぎ)

 

またドリンクはバーテンダーさんが丁寧に作ってくださり、リキュールの種類も豊富でした。ちなみに私は前にバーテンダーをやっていましたがカクテル名をほぼ忘れており、「ファジーネーブル」か「ジントニック」しか頼みませんでした。

 

このパーティの人数は30人ほどでした。男女比率も半々くらいです。

さすが伊藤さん素晴らしいですね。男女がペアになった時に一人も余らないように人数調整をしてくれるというマメさ。某マッチングアプリ「ペ◯ーズ」や「クロ◯ミー」もびっくりのマッチング率です。

 

よく中学校とかで体育の時間、準備運動の際こんなやつしましたよね。

 

f:id:pikarulik:20170220014933j:image

 

あれでペアを作る時って、絶対一人余るんですよね。余った人が先生と仕方なく一緒にする。これにずーっと悩んでました。

それをここで叶えてくれるとは...やはりプロですね。

 

私もその力を頂き、なんと3人ものラインをゲットしました。ありがとうParty Ship!

そんなパーティの写真を一部お見せします。

 

f:id:pikarulik:20170218005217p:plain

先ほど言ったお料理の写真。うまそや~

f:id:pikarulik:20170218005349p:plain

セクシーダンサーとDJの方(直視できないほど直視しちゃいます)

 

f:id:pikarulik:20170218005534p:plain

DJの方。渋い

 

f:id:pikarulik:20170218005921p:plain

ダンサーさんと参加者

 

という感じで大満足の内容でした~

今回参加した【Party Ship】は定期的に開催されるようなのでまた次回に期待です。

 

参加できなかった方は次回を待ちましょう!